てんとうむし

azusa kawaji

azusa

喫茶室セヴィリヤ 春の特別展

2022.2.3
NAGASAKI / EVENT

【喫茶室セヴィリヤ 春の特別展】
せいのちさと 〈桃カステラ〉かけ紙原画展
会期 2022年2月3日(木・節分)~3月31日(木)
時間 11:00~17:00
会場 喫茶室セヴィリヤ(松翁軒本店 2階)
料金 入場無料

松翁軒本店2階にある喫茶室セヴィリヤで小さな特別展が開催され、企画に協力させていただきました。会場ではイラストレーター・せいのちさとさんが描きおろした《松翁軒の桃カステラ》と《おひなさま》原画をご覧いただけます。

古来より中国では、桃の実は不老長寿の仙果と呼ばれています。
みなさまに多くの幸せが訪れ、健やかな日々がつづく春となりますように。

会期中、松翁軒本店1階と各店では、店舗限定化粧箱を販売中です。長崎の伝統的な縁起菓子〈桃カステラ〉を様々にお楽しみください。みなさまのお越しをお待ちしております。

石の菓子店

2021.11.16
NEWS

Photo by Natsumi Kinugasa
Courtesy of Nara City Art Project Executive Committee

1年前に開催されたEAT&ART TAROさんのアートプロジェクト〈石の菓子店〉が、日本空間デザイン賞2021 エンターテイメント&クリエイティブ・アートの空間部門銀賞を受賞しました🥈 空間デザイン・やぐゆぐ道具店 さん。おめでとうございます◎ 下記からもご覧いただけます。

design boom

JDN

 

古都祝奈良 石の菓子店

2020.11.23
EVENT

やぐゆぐ道具店による会場イメージ

奈良市アートプロジェクト 古都祝奈良
動く石
2020年12月11日(金)-20日(日)10時-16時
入場および参加無料
会場:鶴の茶屋(奈良県奈良市春日野町160)
.
食をテーマに作品を作り続ける現代美術アーティストのEAT&ART TAROが奈良の地で新たなプロジェクトを展開します。奈良のある地域で、農作業の時に食べるおやつのことを「ほうせき」(宝石/抱石)と呼ばれることを聞いたEAT&ART TAROは、奈良の石に着目します。寺院の礎石や神社の神石など、奈良に暮らす人々が日常のなかで目にする石の数々からは1300年前の記憶を辿ることができます。石を模した菓子が並ぶ“石の菓子店”。お金ではなく石で菓子と交換するその店は、「食」という行為を通じてさまざまな事物の価値を問い直す機会をつくりだします。
.
大学時代の同級生で、古都祝奈良プログラムディレクターの西尾美也さんにお声がけいただいて、EAT&ART TARO「動く石」のプロジェクトにて展開される〈石の菓子店〉VIデザインを担当します。西尾美也さんと、アーティストの〈EAT&ART TARO〉さん、会場デザインを担当される〈やぐゆぐ道具店〉鈴木さんと、オンラインMTGを重ねながら準備を進めています。オンラインでも参加可能です。良かったら是非ご参加ください。詳細は古都祝奈良をご覧ください。

キッズデザイン賞 受賞

2020.8.26
NEWS

八木健吾建築設計事務所さんとのお仕事で、昨年、ロゴ・サイン・リーフレットなどのデザインを担当した、兵庫県高砂市の〈ハル ヘアサロン&ランドリー〉が、第14回キッズデザイン賞 を受賞しました。

コインランドリー店アワード / hull

2019.9.19
NEWS

東京ビッグサイトで行われた、国際コインランドリーEXPO2019「コインランドリー店アワード」で、今年の春にグラフィックデザインでサポートした「hull (ハル) ランドリー」が最優秀賞となりました。 ヤギさんからのうれしいご報告。おめでとうございます!日本一。

Spoon & Tamago に紹介いただきました。Thanks a lot!