てんとうむし

azusa kawaji

azusa

2018.12.4
DIARY

今朝、虹をみた。このまちの好きなところは、ザァッと大雨がふった時に遠くでは晴れていて、大きな虹がでて、道はピカピカに磨きがかり、風が吹いてサッとかわくところ。

長崎オフィスのおしらせ

2018.11.20
NAGASAKI / NEWS

photo : Azusa Shigenobu

長崎駅から徒歩3分。聖フィリッポ教会前にあるROUTEさんのカフェを、長崎のサテライトオフィスとして利用させていただくことになりました。

ゴトンゴトンと路面電車が走る長崎駅のとなり。坂道をちょっと上れば教会と豊かな緑が見えてきます。そんな丘に立つROUTEは、カフェ・宿・レンタサイクルが揃った旅の拠点です。

ROUTE
〒850-0051 長崎県長崎市西坂町5-14
5-14 Nishizaka-machi, Nagasaki

お客さん役

2018.10.29
NAGASAKI

photo : Azusa Shigenobu

長崎インターナショナルホステルあかりさんが、スタッフ募集されています。
あかりさんのスタッフの方々は、優しくて素敵でユニーク。
長崎が大好きな方と、いいご縁がありますように。

カメラマンさんの撮影立会いの時、
できるだけ隠れる位置にたって目立たないようにしているんだけど、
時々、お客さん役になってしまう不思議。

文化芸術交流実験室 トークセッション&ワークショップのお知らせ

2018.9.10
EVENT

岡山県で開催されている「文化芸術交流実験室」にて、
黒田武志さんとのトークセッション&ワークショップを担当します。

日時:2018/9/29(土) 11:00-16:00
内容:トークセッション&ワークショップ(ランチ付)
講師:黒田武志(アートディレクター/造形作家)、
川路あずさ(アートディレクター/デザイナー)
プログラム・コーディネーター:大月ヒロ子
場所:IDEA R LAB、TAMAYA TAMASHIMA
料金:食事代1,000円
定員:30名(申込人数が定員に達しましたので、受付終了となりました)

手と目を使って、デザインが担う役割を改めて考えよう。
優れた活動で注目される瀬戸内市民図書館は、きちんとデザインされた広報戦略も見事です。グラフィックや写真を大切に考えた編集・デザインが、館のハードにもソフトにも浸透し、活かされています。文化施設においてデザインが担う役割を改めて考えてみたいと思います。瀬戸内市民図書館のデザインディレクションを担当された黒田さんや文化芸術交流実験室のグラフィックを担当されている川路さんに、仕事の舞台裏をうかがいます。ワークショップでは、グラフィックデザインや編集のコツなどを、実際に手と目を使って学びます。

カフェと宿 ROUTE リニューアル

2018.4.8
NAGASAKI

どの位置に設置しようか検討中の様子

長崎駅から徒歩3分。聖フィリッポ教会前のカフェと宿 ROUTE さんに、新しい看板がつきました。オープンから5周年目のリニューアル。店名とロゴ、コピー、サイン、リーフレット、イメージカットと、様々なリニューアルのお手伝いをしました。

サイン制作・施工はジャパン・アートの不老寿也さん。アドバイザーにROUTEの内装設計を担当されたHAGさん。リーフレットのテキストは坂井恵子さん、写真は繁延あづささんにご協力いただきました。

ROUTEのある西坂地区はキリシタンの聖地。カフェや屋上からは、聖フィリッポ教会、舟越保武さんの彫刻、稲佐山と空、家々やお墓と、長崎の歴史を感じられ、その特殊な風景にいつもビックリします。長崎旅行でどこに行くか迷ったら、まずはROUTEさんへ。きっとステキな旅のはじまりになります。レンタサイクルもオススメです。

ROUTE しんごさん、ななえさん この冬の間、いつも長くなってしまったMTGに、珈琲とサンドウィッチをふるまっていただきありがとうございました。施工の休憩に、おやつタイムは、香港で買ったフォーチューンクッキーと、太宰府で買った桃色のうその餅。私のフォーチューンは”Something go out for a trip makes you refresh.”と書いてありました。また旅をするといいみたい!

ROUTE
長崎市西坂町 5-14