てんとうむし

azusa kawaji

azusa

古都祝奈良 石の菓子店

2020.11.23
EVENT

奈良市アートプロジェクト 古都祝奈良
動く石
2020年12月11日(金)-20日(日)10時-16時
入場および参加無料
会場:鶴の茶屋(奈良県奈良市春日野町160)
.
食をテーマに作品を作り続ける現代美術アーティストのEAT&ART TAROが奈良の地で新たなプロジェクトを展開します。奈良のある地域で、農作業の時に食べるおやつのことを「ほうせき」(宝石/抱石)と呼ばれることを聞いたEAT&ART TAROは、奈良の石に着目します。寺院の礎石や神社の神石など、奈良に暮らす人々が日常のなかで目にする石の数々からは1300年前の記憶を辿ることができます。石を模した菓子が並ぶ“石の菓子店”。お金ではなく石で菓子と交換するその店は、「食」という行為を通じてさまざまな事物の価値を問い直す機会をつくりだします。
.
大学時代の同級生で、古都祝奈良プログラムディレクターの西尾美也さんにお声がけいただいて、EAT&ART TARO「動く石」のプロジェクトにて展開される〈石の菓子店〉VIデザインを担当します。西尾美也さんと、アーティストの〈EAT&ART TARO〉さん、会場デザインを担当される〈やぐゆぐ道具店〉鈴木さんと、オンラインMTGを重ねながら準備を進めています。オンラインでも参加可能です。良かったら是非ご参加ください。詳細は古都祝奈良をご覧ください。

長崎大学教育学部附属中学校「表現探究」

2020.10.28
EVENT

ご縁あって、青春時代に通った中学校の授業に参加します。
日時 : 11/11(水) 5・6校時(リモート講座、中学1年生の生徒のみの視聴環境です)

同級生で、今は同校の先生!となった入江先生の〈表現探究〉の授業の一環です。色んな方法で情報発信ができる今、紙のツールをつくる時に考えることをお話できたらと、長崎の仕事で実際につくったものを送付することに。そして同校卒業生でもあり仕事仲間、編集者のはしもとゆうきさんと共に〈松翁軒文庫〉について紹介します。

卒業式直前のおにごっこで転んで空を舞った日から、22年後の登校です。附属中の歴史も70年を超えたそうです。「あぁ〜附属〜(校歌)♩」入江先生、楽しい機会をありがとうございます。

文化芸術交流実験室 トークセッション&ワークショップのお知らせ

2018.9.10
EVENT

岡山県で開催されている「文化芸術交流実験室」にて、
黒田武志さんとのトークセッション&ワークショップを担当します。

日時:2018/9/29(土) 11:00-16:00
内容:トークセッション&ワークショップ(ランチ付)
講師:黒田武志(アートディレクター/造形作家)、
川路あずさ(アートディレクター/デザイナー)
プログラム・コーディネーター:大月ヒロ子
場所:IDEA R LAB、TAMAYA TAMASHIMA
料金:食事代1,000円
定員:30名(申込人数が定員に達しましたので、受付終了となりました)

手と目を使って、デザインが担う役割を改めて考えよう。
優れた活動で注目される瀬戸内市民図書館は、きちんとデザインされた広報戦略も見事です。グラフィックや写真を大切に考えた編集・デザインが、館のハードにもソフトにも浸透し、活かされています。文化施設においてデザインが担う役割を改めて考えてみたいと思います。瀬戸内市民図書館のデザインディレクションを担当された黒田さんや文化芸術交流実験室のグラフィックを担当されている川路さんに、仕事の舞台裏をうかがいます。ワークショップでは、グラフィックデザインや編集のコツなどを、実際に手と目を使って学びます。

太宰府まちづくり部 トークイベント

2017.11.9
DAZAIFU / EVENT

10月24日に開催された、太宰府まちづくり部のトークイベントも無事に終了。ご来場いただいたみなさま、太宰府まちづくり部のみなさま、ありがとうございました!

クロストークのお知らせ/FIRANDO 1609

2016.12.7
EVENT

 

東京駅前・丸の内ハウスで開催中の平戸市のイベント「FIRANDO 1609」。最終日の12月16日(金)の19:00~20:30に、編集者の橋本ゆうきさん、写真家の繁延あづささんとのクロストークを開催します。「編集」と「写真」と「デザイン」を通した、長崎・平戸への視点と長崎らしいものづくりの姿勢を感じれる機会となりそうです。お土産ももって行きます。お時間がありましたら、ぜひお越しください。

★イベント詳細・お申し込みはこちらから
http://discoverjapan-web.com/firando1609/

【FIRANDO 1609/長崎クリエーターズトーク】
・日時:12月16日(金)19:00~20:30・参加費:1,000円(お土産つき)
本イベントの展示ディレクションを担当した長崎出身のデザイナー・川路あずささんと、展示に関わった写真家・繁延あづささん、『ながさきプレス』元編集長・橋本ゆうきさんによる、長崎クリエイターズトークを開催。暮らす場所・働き方の選択肢が広がり、移住をする人や自分らしい生き方を求める人が増える中、デザイナー、写真家、編集者としてフリーランスを選んだ3人は、長崎や平戸での暮らしや働き方に、どのような価値や未来を感じているのか?地域の魅力や長崎らしさ、そこでの暮らしや仕事の楽しみを、実例を交えて語ります。