てんとうむし

azusa kawaji

HYACCA

三菱地所アルティアムカード

2017.4.13
FUKUOKA

s

天神イムズ8Fのアートギャラリー、三菱地所アルティアムの年間フリーパスのデザインをしました。ご入会から1年間フリーパスとして利用できるお得なカードです。毎年ごとにデザイナーさんたちがデザインをされてきていて、テーマは自由と伺ったので、〈フクのオカ(福岡)にトマル鳥〉をイメージして描いた、三びきの鳥のカードにしました。ADULT(フクロウ)、STUDENT(フラミンゴ)、INVITATION(クジャク)の、初めの一字がポイントです。もっているとうれしくなるような、フクフクしたカードにしたいな、と思いました。販売はADULT、STUDENTの2種類です。三菱地所アルティアムさんの窓口でお問い合わせ・ご購入いただければと思います。

福岡は空が広くて、私の住む街では、急に雷雨になって、カラッと晴れ、天気雨で虹がかかり、夕焼けもきれい。近所の丘に鳥がよくくるので、ときどき小さい望遠鏡片手にバードウォッチングをしたりしています。いろんな色の空を旅する鳥も、この丘でひとやすみするのがきっと好きなのかな。

FAQ

2017.4.12
NEWS

初めての方へ
よくいただくご質問をまとめました。よかったらご覧ください。

Q. HYACCA とは何ですか?
A. ヒャッカと読みます。プロジェクトに取り組む時の方針で、屋号にしています。
詳しい紹介はこちら→

Q. 拠点はどちらですか?
A. 福岡と長崎を拠点としています。現在、福岡に住んでいます。地元・長崎にも毎月、数日〜1週間ほど帰省して、打ち合わせや撮影をしています。
詳しいプロフィールはこちら→

Q. デザインはどんな風に学びましたか?
A. 長崎日大高校デザイン美術科から東京芸術大学先端芸術表現科に入学しました。卒業後に出版社で書籍のデザイナーになり、その後はデザイン会社や、ギャラリーなど、様々な職場でデザインやマネジメントを学びました。美術、デザイン、出版と、複合的に学んできたことと、九州と東京での経験がデザインのベースとなっています。

Q. どんな流れでご相談できますか?
A. プロジェクトの性質により、一人でデザインを仕上げる場合と、企画段階から専門性をもつ方々との連携をご提案し、ディレクターの立場で制作に関わるタイプの、2パターンです。

Q. どんなデザインが得意ですか?
A. アイデアや素材を工夫した、ユニークで伝わりやすいデザインにとりくんでいます。細かな表現も丁寧に向きあうことを大切にしています。

Q. どんなジャンルに対応していますか?
A. ヒアリングを軸に、企画段階からのアートディレクションから対応しています。例えば、取材ーウェブーPRツールー商品開発ーパッケージデザインープロモーションと、統一感のあるご提案も可能です。HPに掲載していない案件についてもお問い合わせください。

Q. お打ち合わせできますか?
A. 長崎〜福岡の近隣の場合は直接お会いして、遠方の方はお電話やメールなどでお話を伺います。初回のヒアリングの後に、正式にご依頼いただく形ですすめています。デザインが必要とされる様々な機会で、ご希望や、困っていることなどをご相談ください。

Q. 相談はどちらからすると良いですか?
A. メール (hello★azusakawaji.net の★を@マークに変換してください)、またはfacebookからご連絡ください。通常1〜2日以内に、すぐに折り返させていただきます。

Q. ひとこと
A. クリエイターの方など、一緒にプロジェクトをご一緒できそうな方も、ゆるやかに探しています。

また思いついた時に、追記していく予定です。お気軽にお声がけくださいね。

長崎インターナショナルホステルあかり HPリニューアル

2017.3.30
NAGASAKI

_75A1484

長崎市の眼鏡橋近くにある、バックパッカーのためのお宿〈長崎インターナショナルホステルあかり〉さんが10周年を迎えられ、HPとリーフレットのリニューアル制作を担当しました。

あかりさんは観光地へのアクセスも良く、手づくりのインフォメーションコーナーや、超精密なトラベラーズマップなど、地元ならではのオススメ情報を楽しむこともできる、長崎で人気のホステルです。

今回の制作では、私はアートディレクションを、そしてWebデザイン・山崎進さん (design hehe)、写真・繁延あづささん、イラスト・宮崎友理子さん、テキスト・橋本ゆうきさんと、長崎を拠点に素敵なお仕事をされている方々にお願いして完成しました。

海外のゲストも多いので、HPは、日・英・韓・仏・独・蘭の6言語化、ブッキングにも対応しました。長崎にご旅行の際には、是非あかりさんをご利用ください。

オーナーの岸川さんをはじめ、スタッフの方々と年末から何度もMTGをして、会話の中から長崎の一面を知ることも多くあり、賑やかで楽しいお仕事になりました。

そして、すっかり季節は春。あかりさん、10周年おめでとうございます。大切な節目をご一緒できて光栄に思います。あたたかくなってきたから、私も旅をしたいな〜。

Nagasaki International Hostel AKARI’s website has now been renewed!
Please come and have fun in Nagasaki sometime.

Nagasaki International Hostel AKARI
http://nagasaki-hostel.com

新年おめでとうございます。

2017.1.1
DIARY

新年おめでとうございます。
よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。
旧年中お世話になった皆さまへ、心より感謝申し上げます。

大学卒業後、デザインの道に入って10年がたち、福岡を拠点にして3年がたち、夏をすぎあっという間にお正月。旧年中はディレクションのご相談や、プロジェクト単位でのお仕事を頂く機会が少しずつふえ、広がりを感じる充実の年となりました。年末にPCも新しく設置して、福岡と地元長崎の二拠点で仕事ができるようになりました。

2017年は、鳥が歌い、飛びたつような、良い年に。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年 元旦

クロストークのお知らせ/FIRANDO 1609

2016.12.7
EVENT

 

東京駅前・丸の内ハウスで開催中の平戸市のイベント「FIRANDO 1609」。最終日の12月16日(金)の19:00~20:30に、編集者の橋本ゆうきさん、写真家の繁延あづささんとのクロストークを開催します。「編集」と「写真」と「デザイン」を通した、長崎・平戸への視点と長崎らしいものづくりの姿勢を感じれる機会となりそうです。お土産ももって行きます。お時間がありましたら、ぜひお越しください。

★イベント詳細・お申し込みはこちらから
http://discoverjapan-web.com/firando1609/

【FIRANDO 1609/長崎クリエーターズトーク】
・日時:12月16日(金)19:00~20:30・参加費:1,000円(お土産つき)
本イベントの展示ディレクションを担当した長崎出身のデザイナー・川路あずささんと、展示に関わった写真家・繁延あづささん、『ながさきプレス』元編集長・橋本ゆうきさんによる、長崎クリエイターズトークを開催。暮らす場所・働き方の選択肢が広がり、移住をする人や自分らしい生き方を求める人が増える中、デザイナー、写真家、編集者としてフリーランスを選んだ3人は、長崎や平戸での暮らしや働き方に、どのような価値や未来を感じているのか?地域の魅力や長崎らしさ、そこでの暮らしや仕事の楽しみを、実例を交えて語ります。

FIRANDO 1609 ~400年前の平戸からはじまった日蘭交流~

2016.11.27
EVENT

key

FIRANDO 1609
新丸ビル7F「丸の内ハウス」にて長崎県平戸市のイベント「FIRANDO 1609」が開催されます。雑誌discover japanのサポートの元、展示ディレクション、グラフィック、館内装飾などを担当させて頂きました。

会期中はトークイベント、オランダ映画ナイト、ふるさと納税セミナーなど、平戸・オランダにまつわる様々なイベントと、フロア内の9つのレストランとBARでは、平戸の特産品をつかったスペシャルメニューをお楽しみ頂けます。

長崎にゆかりのあるみなさまはもちろん、東京駅近くに立ち寄られた際には、ぜひご来場ください。

FIRANDO 1609
~400年前の平戸からはじまった日蘭交流~

2016.12.5(Mon.) -16(Fri.)
at. marunouchi HOUSE (東京駅前 新丸ビル7F)
Weekdays & Saturdays, 11am – 4am
Sundays, public holidays, 11am – 11pm
No entry fee
Supported by Discover Japan
http://www.marunouchi-house.com/event/2016/11/12316

▼詳細・受付は下記からです
http://discoverjapan-web.com/firando1609

長崎県美術館 BISCUI10(ビスケット)| 掲載情報

2016.9.3
MEDIA

1

2

3

ーながさきプレス誌面ー

2015年9月5日に生まれた長崎のビスケット。平戸のプティタプティさんと美術館の方と、1年がかりで検討を重ねて完成したお菓子です。発売後たくさんの方にいろんな形で応援していただいています。

2016年 掲載情報 2016.12月更新

・2016.12.27〈書籍〉長崎と天草の教会を旅して
・2016.8.28〈雑誌〉ヴァンサンカン10月号
・2016.8〈WEB〉nudiovestiti
・2016.7.3〈新聞〉長崎新聞 とっとって
・2016.3〈フリーペーパー〉太宰府自慢
・2016.3〈WEB〉THE SUSHI TIMES
・2016.2.28〈WEB〉ポルトガル大使館
・2016.2.27〈雑誌〉ながさきプレス
・2016.2.12〈WEB〉Packaging of the world
・2016.2〈カタログ〉MONO JAPAN

2015年
・2015.11.7〈新聞〉朝日新聞
・2015.10.9〈WEB〉ippin
・2015.9.29〈新聞〉西日本新聞
・2015.9.11〈TV〉報道センターNBC
・2015.9.7〈電子書籍〉るるぶ
・2015.9.5〈新聞〉長崎新聞
・2015.9.4〈新聞〉毎日新聞
・2015.9〈WEB〉MdN